国民民主党千葉県議会議員天野ゆきお

国民民主党千葉県議会議員 天野ゆきお  公式サイト

RSS | ATOM |
県政一新 千葉県議会議員天野行雄
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


書籍紹介
医療過疎が深刻な千葉県の「地域医療と少子化対策」を分析・研究した書籍。県議会議員として、天野が出版に参画。
※写真クリックでアマゾンにジャンプします。


LOGIN

<< 完走・アクアラインマラソン | main | 県政レポート Vol.11 >>

27日会派代表質問に登壇

2012.11.25 Sunday
11月20日に千葉県議会12月定例会が開会した。今議会の会派代表質問は、私が担当であるため、この週末は、原稿の最終調整を行っている。登壇時間は、27日(火)の13:00の予定。質問内容は以下の通り。

1.財政問題について
今12月議会に約111億円を「繰越明許費」(翌年度に繰り越して使用できる予算)とする議案が提出され、12月の衆議院議員選挙費用として計上された約26億円の追加予算と合わせ、今年度の予算総額は、約1兆6千億円となる見込み。景気低迷の中、収支見込みや財政運営のあり方について、県の見解を問う。


2.千葉県総合計画の進行管理について
来年3月任期満了を迎える森田県政のもと、進められてきた千葉県総合計画。その進捗状況と次期計画の策定状況について質問。


3.成田空港について
2014年に年間発着枠30万回化を実現するため、整備が進んでいる成田空港。旅客数、物流の大幅拡大を契機と捉え、どのような活用をしていくのか。


4.災害時の緊急物資の備蓄について
県は、今年8月「災害時の緊急物資等に係わる備蓄・物流の基本方針」を発表。今後この方針に沿って計画が策定されていくなか、震災時の緊急物資の備蓄における県の役割や流通備蓄の必要性、市町村の意見の反映などについて。


5.医師・看護師の確保対策について
地域医療サービスを安定的に提供する上で重要な課題である、医師・看護師の確保は、全国的な課題。千葉の長期的な需要予測と確保策など。


6.新エネルギー政策について
新エネルギーの活用推進により、エネルギーの分散確保、環境負荷の低減及び地域経済の活性化を図るため、「新エネルギーの導入・既存エネルギーの高度利用に係る当面の推進方策」を平成24年3月に策定。新エネルギーへの需要が高まる中、条例化も含めた県の取り組み姿勢を問う。


7.雇用・労働行政への取り組みについて
労働行政が地方自治体から国へ集権化された結果、自治体間の取り組み格差が出てきている。千葉県における取り組む状況を以下の項目ごとに問う。

 (1) 労働行政における地方分権の評価
 (2) 雇用のミスマッチ
 (3) 職業訓練制度
 (4) 千葉県ジョブサポートセンターについて
 (5) 企業動向の把握
 (6) 生活保護者に対する就労支援策

8.工業用地の確保策について
千葉県企業庁の収束で新規用地開発が中止され分譲可能な工業用地が減少している。新規造成の調査検討についての県の見解を聞く。


9.観光立県ちばについて
「行きたい国」として、三番目にランクインしている日本。その玄関である成田空港があるわが県の観光施策について以下の項目で質問

 (1) 観光客の誘致
 (2) サイクルツーリズムの推進
 (3) 自転車道の整備
 (4) 千葉県の定住支援

10.グリーンツーリズムについて
「農林漁業体験を本県の魅力ある観光資源としてとらえ、都市と農山漁村の交流を促進する「グリーン・ブルーツーリズム」の推進について、県の考えを聞く。


11.県内道路の渋滞対策について
県内の多くの幹線道路や主要生活道路等で渋滞が発生し、大きな経済的損失が発生していることについて、県の対策を問う。


12.スポーツ振興について
県は、「スポーツ立県ちば」の実現に向け、生涯スポーツの推進をはじめ5つの目標を立て展開しているが、県内スポーツの活性化策や、総合型地域スポーツクラブの活用、老朽化している千葉県総合スポーツセンターの改修について質問。

貴重な質問時間をできるかぎり有効に使いたい。

どなたでも傍聴できます。
傍聴いただける方は、お気軽にご連絡をいただければ幸いです。


この記事に寄せられたコメント
コメントを書く









いたずら防止のためコメントは、確認後の公開となります。表示まで時間がかかりますので、ご了承ください。
この記事のトラックバックURL
トラックバック