国民民主党千葉県議会議員天野ゆきお

国民民主党千葉県議会議員 天野ゆきお  公式サイト

RSS | ATOM |
県政一新 千葉県議会議員天野行雄
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


書籍紹介
医療過疎が深刻な千葉県の「地域医療と少子化対策」を分析・研究した書籍。県議会議員として、天野が出版に参画。
※写真クリックでアマゾンにジャンプします。


LOGIN

<< 6月定例会提出議案の説明を受ける | main | 一般質問のお知らせ >>

6月定例県議会開会

2011.06.16 Thursday
本日、6月定例議会が開会。7月8日の閉会日までの3週間、復旧・復興予算が計上された6月補正予算案を中心に、16議案を審議する。
今回の民主党の代表質問は、我孫子市選出の花崎広毅議員。改選後初の定例会とあって、どの会派も、東日本大震災を中心とした質問内容になるだろう。

千葉には、津波を受けた山武市、横芝光市、匝瑳市、旭市、銚子市や、液状化被害を受けた千葉市、浦安市、市川市、習志野市、我孫子市、香取市など、重大な被災地があるが、ほとんど被害のなかった市町村もあり、議員間に温度差があるような気がする。心をひとつにして、被災者支援、復興にあたりたい。

また、今回県は、議案書とともに、国への様々な要望をまとめた資料を用意してきたが、政権与党民主党の一員として、国会議員を通じても働きかけたいと考えている。

議会がはじまると、資料の読み解きや委員会の質疑の組み立てなど、書類仕事が多くなる。今回は、一般質問も行うため、合間をみては原稿書きをはじめている(写真は民主党会派室)。

質問項目は、後日、このブログでもお知らせする。




このページの先頭へ▲