国民民主党千葉県議会議員天野ゆきお

国民民主党千葉県議会議員 天野ゆきお  公式サイト

RSS | ATOM |
県政一新 千葉県議会議員天野行雄
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


書籍紹介
医療過疎が深刻な千葉県の「地域医療と少子化対策」を分析・研究した書籍。県議会議員として、天野が出版に参画。
※写真クリックでアマゾンにジャンプします。


LOGIN

<< 稲毛は引っ越してはいけない町ではない | main | 6月定例県議会開会 >>

6月定例会提出議案の説明を受ける

2011.06.02 Thursday
本日、千葉県議会民主党会派室にて、15日開会の6月定例議会に提出される議案の説明を受ける。

今回、提出される議案で、もっとも重大なものは、先月の臨時議会に引き続き、震災対応(復旧・復興)を行うための補正予算。「放射性物質の総合監視体制の整備」(7千4百万円)、「電力供給不足・省エネルギー対策」(6億5千万円)、「被災者、商工業者・農業者へのさらなる支援」(307億8千3百万円)、「医療施設等の復旧」(1億2千9百万円)、「震災に係る調査や災害の予防」(11億8千3百万円)、計328億1千9百万円の補正が組まれている。
補正後の一般会計予算は、1兆6466億6千万円となり、528億7千万円を補正した先月に続き、過去最大の予算規模を更新した。

「復旧・復興には予算がかかる」。それが、当たり前のように言われているが、予算がかかることを前提にすれば、手荒な予算計上が行われかねない。千葉県は、税収見込みの大幅な減額は必至。こういうときだからこそ、緻密に予算建てを行っていく視点も必要だ。

しっかり審議していきたい。




このページの先頭へ▲