国民民主党千葉県議会議員天野ゆきお

国民民主党千葉県議会議員 天野ゆきお  公式サイト

RSS | ATOM |
県政一新 千葉県議会議員天野行雄
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


書籍紹介
医療過疎が深刻な千葉県の「地域医療と少子化対策」を分析・研究した書籍。県議会議員として、天野が出版に参画。
※写真クリックでアマゾンにジャンプします。


LOGIN

<< 被災現場視察---山武市、横芝光市、匝瑳市、旭市、銚子市 | main | 稲毛は引っ越してはいけない町ではない >>

県政一新に向け議会改革に取り組みます!

2011.04.11 Monday
皆さまのご支援を得て、2期目の当選を果たすことができました。
本来なら、ご支援へのお礼を述べるべきところですが、公選法により禁止されております。ご無礼をご理解ください。

二期目も稲毛区の代表として、「千葉県政を一新する」という思いで、活動を進めてまいります。

特に県民から見て、遠くに感じる県政を、もっと身近なものにに変えていきたいと思います。
それには、議会改革や行財政改革を進め、県議会や議員の役割の明確化と行政側の意識改革を行い、県民への情報公開を強化して、意見交換の出来る条件整備を進めていきます。

議会改革の取り組みですが、議員定数の削減という方向性での取り組みも必要です。単純な削減の議論ではなく、住民自治の実現という視点で、議員の果たす役割や県議会の対応すべき姿の明確化、行政側の役割の強化など、幅広い議論を進め、議員定数の裏付けの見直しに向けて議論を進めるべきです。
更に、議会運営では、現行の「一括質問方式」を見直し、「一問一答方式」の導入や、議員の役割として議会報告の発行など様々な方向性から取り組みを進めていきたいと思います。

しかしながら千葉県議会において議会改革を議論する機関である「千葉県議会あり方検討委員会」については、現在休止中でこの2年間全く議論が進められていません。
千葉県議会としての議会改革への取り組みを促進するために、先ずは委員会を再立ち上げをして議会改革を先導する千葉県を全国に向けて明確に打ち出していきたいと思います。

議会改革は、言うまでもなく、議員の仕事を効率的かつ効果的に行い、今以上に県民に役立つ議会となることを目指すものです。議員は、県民に最も近い存在であり、県民の声を県政に届ける役割を担っております。議会・行政は、ともすると対立関係と捉えられがちですが、県民のために仕事をするという共通の責務があり、双方が、より有意義で前向きな議論ができる場にしていくことが、非常に重要だと考えています。

その他、みなさまにお約束した政策の提言を行い、実現に向けて精力的に活動してまいります。

活動内容は、このブログや議会報告で、みなさまにお知らせしてまいります。

今後ともご注目いただければ幸いです。




このページの先頭へ▲